Drake - Jimmy Cooks

Added in the playlist on July 02, 2022 Drake 6 points in the charts Last played on January 15, 2023
Drake - Jimmy Cooks
Aubrey Drake Graham is a biracial, half-Canadian, half-American artist that blends hip-hop street smarts and lush emo R&B.
Drake played basketball player Jimmy Brooks on Canadian TV's Degrassi: The Next Generation in the early '00s.
Drake's Memphis-based African-American father, Dennis Graham, used to drum for Jerry Lee Lewis.
Drake's uncle, rhythm guitarist Mabon "Teene" Hodges, wrote a number of hits for Al Green.
Drake's first two albums debuted at number one on the charts.

Drake

アメリカ人の父とカナダ人の母のもと、数世代にわたる音楽一家に生まれたAubrey Drake Grahamは、2000年代初頭にカナダのテレビドラマ『Degrassi: The Next Generation』で負傷した高校バスケットボール選手を演じて注目を得た後、ラッパーとしても抜きん出た才能を現してヒップポップ界を驚かせた。2007年に自主制作したミックステープ『Comeback Season』がLil Wayneの目にとまり、デビューアルバムのリリースより前にこのスーパースターとのコラボレーションをはたす。以後、Kanye West、Mary J. Bligeら大物アーティストと共演し、2009年夏の2作のシングル『Best I Ever Had』(セルフリリース)と『Every Girl』(Young Money Entertainment)のヒットを経て、その活躍はとどまることを知らない。ストリートに生きるワイルドな逞しさと、放浪するバックパッカーのようなメランコリックな情感を併せ持つ個性、そして歯切れのよいラップは、初期のKanyeをほうふつとさせる。また将来、俳優業をはじめることがあっても、すでに実績があるのだから安心である。2010年にリリースした『Thank Me Later』の大ヒットで、Drakeはスーパースターとしての名声を確実なものにした。

Download Jimmy Cooks by Drake

About Drake

Download our FREE app!

Apple app Google app

Available for IOS and Android devices